読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃が好き

はてダからの移行をとうとう決行したのだ

電撃

本日、母、電撃退院。
シフト休の本日朝、やっと食欲が復活してきた母に、差し入れなんかを準備してから携帯を見ると、父からメールが来ていて、急きょ母の退院が決まったことを知ったというね。
先週末、先生から呼び出しがあってドキドキしながら行ってみたら、単なる今後の治療の説明で、確かに今週から少しずつ色々付けられていたものを徐々に取り外すことになっていたけれど、だからってこんな急に・・・。
嬉しいけど、複雑。どこか見切り発車的な印象を拭えない。
でも、本人はもちろん大喜びで、すぐにでも退院すると言っているってことだったので、支度をして迎えに行ってきた。
予想通り、もう着替えも済ませて帰宅する準備万端の母。
父と一緒に精算を済ませて、お世話になった皆さんに挨拶をしつつ、帰宅の途へ。
いざ歩いてみると、やっぱりまだ歩くのはフラフラするとか言う母。大丈夫なのかなぁ。
今回の主治医はとにかく話下手というか、人見知りと言うか、下手をすると本当に必要なことすらも催促しないと聞かせてもらえないってことが度々あって、やきもきすることが多かった。そして最後までコレだもん。
まず、2週間後には検査で再び病院へ出向くことになっているから、訊き漏れていたことを確認しなくちゃ。めでたいのに、素直に喜べないって、困ったもんやのぉ。