読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃が好き

はてダからの移行をとうとう決行したのだ

今日のつれづれ

日曜日、両親からのリクエストで車を買い替えるためのお店巡りに同行。
今はお子が生まれて間もなくに買い替えたドイツ車に乗っているのだけど、年齢の割に大きくて持て余し気味なのと、ディーラーが遠くて何かと不便であること、車が無いのは不便だけど乗っても遠出はしないし、あと5年も乗るかどうかなので、ディーラーが近くて扱いやすい国産コンパクトカーに的を絞ろうということで行って来た。
まぁ、ある程度候補は絞られたけど、今のところ予算オーバーなので要検討といったところ。だって、十分輸入車も買えるような見積りなんだもん。
実家へはお昼頃出かけたのだけど、天気予報で言っていたよりも寒くて外に出てビックリ。迂闊にも薄着だったので帰宅した頃にはすっかり体が冷え切ってしまっていて、夕食はキムチ鍋にした。

翌月曜日。週の始めはこんなものと思いながらなんとなく軽い喉の痛みも感じつつ、だるい体を引きずって仕事へ行ったのだけど、どうにもこうにもシンドイ。
先週ちょっとしたメンドクサイ出来事があって、その憂鬱さも手伝ってだろうと思っていたのだけど、どうやら風邪の始まりだった模様で、帰宅した頃には咳も出始めていた。
こりゃヤバイと思って、翌日が仕事なのもお構いなしに(どうせマスクしていくハメになるだろうし)ニンニクたっぷりの夕食でスタミナを付けたはずが時すでに遅し。

翌火曜日。朝から超だるいし、超鼻水だし、超咳きこみだしで散々。それでも家人と2人分お弁当を作って仕事に行く準備をしていたのだけど、お子を起こしたあたりで力尽きて休むことを決断した。
はぁ〜。ベッドに倒れ込んだ時の安堵ったらなかったけど、ズブズブズブと体が沈んでいく感じがして、そのシンドさを改めて実感した。
職場へ連絡して、そのまま一日ベッドの人となる。

そして本日。復活ならず。それでも起きていられる時間が昨日よりは格段に長いから、復調の兆しはあるので大丈夫。
それにしても、そもそも近頃体調を崩すことが多いのと、崩したら長引く傾向にあるのは年齢のせいか。
少し前までは一年に一度風邪で寝込むかどうかって程度だと信じていた健康神話も崩れつつあるということなのか。
お子と家人に促されるまま体幹を鍛える体操とやらを毎晩させられているけれど、当然これは全く無関係で、基礎体力というか免疫力をアップする何かを始めなくちゃならないのかも。でも、その何かって何?
サプリメントには抵抗があって、出来るだけ栄養は食物からと思っているけれどそれでは賄えないのかな。絶対的に運動不足であることは否定しないけど、まずはその“何か”を探らなくちゃいけないな。
今日も今日とて相変わらず寒い。
桜はチラホラ咲き始めたと言っていたけれど、この寒さ、この体調でお花見に行く気力もない。はぁ〜、暖かくなっておくれよ。