読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃が好き

はてダからの移行をとうとう決行したのだ

私の沸点

今日の仕事帰りのこと。
その人の事は以前も何回か見かけたことがあるのだけど、決まってバス待ちの列で、2列に並んでいる周りの人を無視して、中央に一人で並でいる。その人の後ろはまた2列になるという不自然さ。
今日は私がその人のすぐ後ろの順番で2列に並んだ。バスが来て列が動き出すと、当然前に間隔があけば詰めながら前へ進むわけだけど、その列が進む間も自分の左右に人が並ぶのは我慢ならないらしく、私が横に並んだ途端、私のバッグを体当たりで押しのけて、私は列から追いやられてしまった。一瞬「へ?」という感じ。その後、メラメラと腹が立ってきて、結局家までムカムカしたままの帰路だった。

世の中には、別に法に触れるわけではないけれど、公共の場を誰もが気持ちよく使えるようにルールが定められていることが多くある。今回のような交通機関の乗車待ちの列の並び方とか、駐車場の走行方向とか。
そういうところは従順と言うか、ルールを守ることが当たり前でしょう?と思う性質なので、逆にルールを無視する人には思いっきり腹が立つ。

それぞれに言い分はあるのだろうけど、自分さえ良ければ・・・はやっぱりダメでしょ?ぷんぷん!!

あ〜、書いたらスッキリした!さっ、寝よっと。