読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃が好き

はてダからの移行をとうとう決行したのだ

ぶなの里へ 1日目

今年こそ!と意気込んでいた人気のキャンプ場。春の予約スタート日に電話予約を完了して、この3連休に行ってきた。
自分たちの行程に関わる辺りの天候は逐一ネットでチェックしていたのだけど、台風とか気圧の谷などの影響でこんなことになっていたなんて・・・昨日帰宅してニュースにビックリ。被害の多かった地域にお住まいの皆さま、大事ないでしょうか。心からお見舞い申し上げます。

さて、キャンプは・・・。
当初から3日とも雨の天気予報だったので、風だけは吹かないでくれぇ〜と願いながら出発した。
その願いが通じてか、10時半頃に出発してまもなく晴れ間が出てきて、みるみる青空に。うっかりすると暑くて大変な程の好天に。
まずは最初の目的地、道央道伊達市へ。
ここでは貝塚遺跡を見学。お子は遺跡の見学が初めてとあって着いてからも熱心に説明を読んでは写真を撮って回っていた。復元された竪穴式住居とか古いものでは6500年前の貝塚の見学とかはお天気が良くて本当に良かった。雨の降る中じゃ、ちょっとくじけそうだったもの。
その後、噂のハンサム焼をゲトしに移動。
中にあんこが入った今川焼きのようなものだけど、そのネーミングのふざけ具合に大笑い。

包装紙もコレ↓だもの

実際に食べたのはキャンプ場に着いてからだったのだけど、ハンサム顔がすっかりしょぼくれていてこれまた大笑いだった。

さて、有珠山昭和新山を眺めながらいよいよキャンプ場のある黒松内町へ。
各サイト毎に直火の炉が用意されていて、たき火が楽しめることで人気のオートキャンプ場で、我が家もたき火がしたくて秋のキャンプを選らんだのだけど、このキャンプ場の他にもチーズやハム・ソーセージなどの畜産品や名水の里としても有名な土地で、まずは道の駅で翌朝食用にハムやチーズを仕入れることにした。
着いた時間はすでに夕方だったので、もうひとつの目玉の天然酵母のピザはすでに終了していたけれど、これは追々・・・ということでキャンプ場へGO!
思ったよりはこじんまりしたキャンプ場だったけれど、一つ一つのサイトは広くて設営もゆったり。
途中まで一緒に設営作業を手伝ってから、後は家人とお子に任せて私は夕食の支度へ取りかかる。
クリームシチューとトロトロチーズパン、レタスとツナのサラダと簡単なメニュー。
夕食を済ませて空を見上げると満天の星。
雨だと思って望遠鏡は持参しなかったよぉ。残念。
でもその星空は夜10時を回る頃には雲に覆われていた。

特記すべきは、ココのキャンプ場のトイレは洗浄付き便座だったこと。こんなキャンプ場初めて!!