読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃が好き

はてダからの移行をとうとう決行したのだ

今日のつれづれ

嵐さんのアルバムは、珍しくフラゲして早速聴いたら、例によってあのめんどくさそうなタイトルは蓋を開けてみたら和子へのラブソングでダハハってなったり、取り敢えず「え〜くすっ!」って言いながらDVDもリピしているしな毎日。
チケの一般販売が発表されて「バカにしてんのか!会費返せ!」とか内心思いつつも多少のチャンスが残っていることを素直に喜んで、これが更なるダメ押しな悲しみの幕開けになることももちろん覚悟しつつその日を待っているところでもあったり、先日の《しやがれ》のゲストさんは相変わらず好きではなくて、なんとなくイラッとしながら観たことも書いておいて、久しぶりの嵐さんネタは終了。


さて、金曜日から珍しく3連休だったのに、見事に3日とも雨でちっとも家事は捗らず、開き直って出歩いてばかりいた。
1日目は両親とともにお子のガッコの合唱祭を鑑賞。
1年生の学年合唱で指揮をするお子の様子を、自分でもビックリするくらいドキドキ緊張しながら観たのだけど、後から確認すると本人は全然緊張しなかったらしく、相変わらず神経の図太さに感心する。
クラス毎の合唱は、学年単位で最も良かったクラスに金賞が授与されるのだけど、事前の大方の予想に反して(笑)1年生はお子のクラスが受賞して、指揮をとった同級生の女の子は大号泣だったそう。
いつの時代も男子がちゃんと歌ってくれないとかのありがちな問題が、同じようにお子のクラスでもあったみたいで、でもそれを乗り越えて頑張ったからこそ賞以上に沢山のことが得られるんだよっていうのは大人目線。渦中の子供たちはさぞかし毎日大変だったんだろうな。喜びと終わったあとの脱力な様子に単純に「よかったね!おめでとう!」っていう気持ち。


今日は一気に気温が下がって、いつ雨が雪に変わってもおかしくないような天気。
でも、昨日新調したエーグルのブーツを早速履いて調子に乗って出かけてみる。前から欲しかったレースアップのデザインが再販されて、女子用デザインで小細工が可愛いもんだからついつい買っちゃったのだ。
元々履いていたエーグルはちょっとサイズが大きかったこともあって、そのままお子へお下がりとして譲った。そう、既に足のサイズはとうの昔に追い越されている。でもまだ辛うじて身長は私の方が十数ミリ高い。この前の人間ドックで計測したらオーバー40にしてまた背が伸びてたんだもんね♪誤差だと思うけど(笑)
話は戻るけど、エーグルのブーツってしっかりしているけどそれ故に重さもあって、いままでのは長時間履いて歩いていると足だけじゃなく腰まですっかりくたびれてしまうほどだったのだけど、今回のはデザインも細身で足の甲や足首のフィット感が全然違うから履いていても全く疲れないことにビックリ。当たり前だけどサイズやデザインが自分の体型に合っているってホント大切って改めて実感なのだ。


さて、どこもかしこも年末感が増していてげんなりするのだけど、我が家は珍しくカレンダーだけは準備したものの、それ以外は全く何もしていない。ってか、したくない。そんな現実逃避、後から後悔するのは自分だと解かっちゃいるけど、年賀状とか買っちゃった途端に気ぜわしくなりそうで嫌なんだよぉ。
クリスマスケーキも決めていないし、冬服の不足分もチェックすらしていない。お子のスキーも、通学時に着るコートも何もかも買わなくちゃならないのに、それもまだ。さて、いつまで先延ばしできるでしょ〜か?なんて暢気なことは言ってはいられないんだけど。
来週末くらいから手をつけなくちゃダメかな。さて、どこからにしましょかね?