読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃が好き

はてダからの移行をとうとう決行したのだ

焦らない

毎日、自分にそう言い聞かせている。


お子が、今月に入り学校を休んでいる。
最初は、朝、支度はしたものの、玄関でどうしても身体がシンドイと言うので休ませた。
テスト前で夜遅くまで試験勉強をしていたせいだろうと思ったものの、前の週も体調が悪いと休んだので、一度病院へ連れて行った。
案の定、血液検査の結果も問題なく、寝不足によるものだろうとの診察結果で帰宅した。
その日は1日のんびりと休ませたけど、翌日もやっぱり動けないと言って学校を休んだ。
本人も頭も身体も重たくて、なぜ動けないのか分からず、ただただその辛さに泣いていた。

自律神経が乱れてしまったのかもと思って、気分転換にと海に行ってみた。
海を見ながらひとしきり泣いたお子。
その後近くにあったパークゴルフ場で久しぶりに遊んでみた。
18ホールも回ることが出来て、少し改善されるかと期待したけれどダメだった。
帰宅途中の車内ではグッタリして、食事も水分すらも摂れずそのまま動けなくなってしまった。

翌日再度病院へ行ったけれど、やっぱりどこも異常はなくて、ただ酷い脱水症状との診断で点滴だけをしてもらった。
担当医からはやはりストレスによるものだろうけれど、とにかくなんとか食事が摂れるようにならないと更に悪化してしまう、本人を説得して食べさせなくてはならないと指示がある。

親子で何度も泣いて、何回も色んな事を話した。
さらに翌日も点滴を受けつつ、先週末から少しずつ食事が出来るようになってきた。
沢山話して、気持ちも少しずつ落ち着いてきたと思う。


何故もっと早くに気付けなかったのかなぁ。
私が追いこんじゃったのかなぁ。
何時からこの苦しさと戦っていたのかなぁ。
どうしたら救ってあげられるのかなぁ。


一昨日、スクールカウンセラーと面談をしてきた。
道は沢山あるのだから、焦らせないこと、焦らないことと言われた。
そうだ、一番辛いのは本人なのだ。
解っている。解っているけど、少し状態が上向くと、つい次は・・・と気持ちが急いてしまう。
昨日から外に出て家の周辺を散歩してみている。
寝ていることしか出来なかったのが、少しずつ起き上がることができるようになって、歩くことが出来るようになった。
今日は昨日より少し遠くまで歩いてみた。
今は疲れたと言って横なっている。

親が気になることは、本人が一番気にしている。
だから本人の口から話し始めるまでは、黙って待っている。
焦らない。焦らない。


週末からは、お子が一番好きなキャンプ場にキャンプに行くことになっている。
春に予約をしていたキャンプは、一時は無理かも知れないとも思ったけれど、今誰よりもお子が行きたがっている。


連れて行ってあげるからね。
きっと沢山のエネルギーがもらえるね。


その後何かが変わるのかは分からない。
不安が無いと言ったらウソだ。
でも、どのような形でもその時のお子にとっての最善を考えようと家人と話す。


15歳の誕生日はベッドの中だった。
家人が買ってきたコンビニのパフェをほんの少し口にしてのお祝いだった。
元気になってくれるだけでいい。
幸せに笑っていられるように、お母さん全力で頑張るからね。

お誕生日おめでとう。
一週間遅れの記録。