読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃が好き

はてダからの移行をとうとう決行したのだ

今日のつれづれ

昨日、お子の担任の先生から電話があって、お子の様子について少し話をした。

単位や今日から始まる中間テストのことなど、本人も話をして少し心配も解消されたかなぁと期待したけど、今朝、支度は整えたもののやっぱり登校は難しかった。


欠席の連絡をしたら、対応してくれた先生に…「失礼ですが、原因は心因的なものですか?焦らせなくていいですよ。ここで無理をするのは逆効果です。期末テストの時に考慮することも可能なんですよ。後で担任に電話をさせるのでゆっくり最善の方法を考えましょう。縁あって入学したのですから、お母さんも大変だと思いますが、一緒に良い方法を考えましょう。」と言われて、思わず涙ぐんでしまった。

このところ欠席連絡をする度に対応してくれていた先生で、正直素っ気なくて冷たい印象を持っていたのに。

先生の顔もまだよく分からなくて、学校にどこまで頼れるのかの加減が掴めずにいた私にとって、本当に心強い言葉だった。

なんとか力を貸してもらいながら良い方向に進めたらいいなぁ。